工務店のホームページ制作・SEO対策のe売るしくみ研究所
サイト内検索
月間アーカイブ
運営者情報
ベンチャー企業社長のベンチャー企業社長によるベンチャー企業のブログ
e売るしくみ研究所
代表 山本直人

「ホームページはあるけど問合せが無い・・・」
インターネット集客で悩める日本全国の工務店経営者に
「どうやったらホームページで反響をとれるのか?」
をコンサルティングする毎日を送ります!

RSS

市川市本八幡で働く社長のブログ

更新日:2017,05,28,Sunday
いま、採用活動をしています。

採用活動をして、面接していると

●●万円欲しんですが・・・

という方に出会います。





ごめんなさい。

そういう方は、基本的に採用しないようにしています。





「ギブ アンド テイク」

この言葉の意味は、ご存知かと思います。

与えて

から

いただく





与える前に、もらう量を気にしてしまうと、

それ以上の働きはできないのです。

これまでの採用から言って、もらう量を気にする人が

もらう以上の働きをした人を見たことはないのです。。。(´;ω;`)





この考え方は、常に僕自身が意識しています。

もらった以上の価値をお客様に提供できているのか・・・

っと。。。

お値段以上の漢になりたいなぁと・・・

名古屋の夜に想う。笑
更新日:2017,05,21,Sunday
平田小学校運動会

昨日は、次男の運動会でした。

小学校最後の運動会ということで、研修を休んでの参加。

当日は、めちゃくちゃ暑くて、運動会日和でした。



他の子よりも少し背が高い次男は、

応援団、リレー選手などなど、

積極的に運動会に参加したみたいで良かった^^

徒競走では、二位を引き離してのゴールで、本人も満足だったみたいです。



正直、積極的にいろいろやる次男なのですが、

なかなか、結果が出せず

本人も悩んだ時期もあったみたいで・・・

今回の運動会で結果が出せて

努力すれば結果はいつか付いて来る

ってことを体感してもらえたら嬉しいなぁ



僕は、親らしいことはまったくで、

子どもたちのことはかみさん任せなのですが、

長男、次男ともによく育ってるなぁと

運動会で久しぶりに子どもたちの姿を見て・・・

かみさんに感謝!

あ、ブログじゃなくて言葉で伝えねば・・・笑
更新日:2017,05,07,Sunday
e売るしくみ研究所四半期会議

連休前の2日にイーウルの四半期の全体会議を行いました。

イーウルは3月末で半期が終わりました。

半期を振り返って、いろいろな問題点が出てきています。

数字も昨対で減少しており、改善は急務です。

その辺の話を皆さんとしました。

会社を良くしたい想いは、皆さん同じなのですが、

ちょっとずつ見えている部分が違うようでした。



イーウルでは、群盲象で話し合いを進めます。

すべての意見は正しい・・・ただし一部だけ・・・

群盲像は、目の不自由な人が象を触ると、

ある人は「臼だ」と言い

また、ある人は「縄だ」という

また、違う人は「大きな団扇」という

皆さん、足、尻尾、耳を触って、そう言っているのでしょうが、

全員、一部だけを触って「これだ!」と決めつけて話するので

全体像が見えなくなるという感じです。



皆さんの意見は、意見としていただき

象の全体像を想像するのが僕の仕事なのだと改めて感じます。

僕が象をイメージできていなければ、

それぞれの情報は徒労に終わってしまうから・・・

改めて責任を感じます!!

連休前の全体会議・・・身の引き締まる想いです。
更新日:2017,04,23,Sunday
最近、研修などでお客さんの事例を話したりすると

「それは、その会社だからできるんですよね。うちは・・・」

などと言われることがある。



そんなとき僕は、

「そうかもしれませんが、この事例で何か使えるところだけパクってください」

と言うようにしています。

ビジネスの条件が一緒ということはあり得ないわけで、どうやって自社に落とし込めることがあるかを探すのが経営者の仕事だと感じます。

ランチェスターでは

「近くの異業社、遠くの同業社の事例を参考にしなさい」

と言われます。

例えば、工務店さんが儲かってるラーメン屋さんのやり方を真似するようなイメージです。



意外に近くに自社サービスを向上させるネタは転がっているもの。

でも、見えなくさせているのは、「この事例は、この会社だからできることであって・・・」という脳の思い込みなんです。

実は、脳という器官は単純にできていて、一つのことを考えると他のことが処理できないようになっています。

コンピューターのように2つや3つのソフトを同時に処理するようなことはできないのです。



「真似出来ない」と捉えてしまうと、どんなに真似できるところがあっても、真似出来ないところとしてしか認識できなくなってしまうのが、脳みそなのです。

だから、常に「何か真似できることはないか?」と考えながらセミナーなり、研修なり受けていると、いろいろなネタが見えてくるはずです。

この差が大きくて、数年経つと、とんでもない差になっています。

脳の使い方をちょっと変えるだけで世界は広がるなぁと最近感じます(^o^)


提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所